2学期に向けての準備パート2

c0157030_2482515.jpg
c0157030_2483949.jpg

プール清掃をしたことを以前お知らせしましたが、昨日からプールに水をため始めました。

プールの水が満水になるまでに2日近くかかります。

水温が20℃くらいのため、プール室内も22℃でとても涼しく感じました。

業者がプールの点検も行ったのですが、子どもだけしか使用していないので、濾過の設備などの汚れも少ないということでした。

プールでは、化粧をしている人が入ると、やはり汚れがひどくなるそうで、濾過の設備にもかなりの負荷がかかっていると言うことを教えていただきました。

来週は、小学生のレッスンが3日間あります。

c0157030_2545472.jpg

コスモスポーツクラブの課外教室に参加している幼児たちの「夏合宿」が昨日から2日間にわたって行われました。

お父さん、お母さんから離れて生活し、一段とたくましくなったように見えました。

24~25日は、年長児のお泊まり保育です。

# by keiokd | 2009-08-21 23:47 | 幼稚園 | Comments(0)

2学期に向けての準備

c0157030_243753.jpg

昨日から、研修に出向いている先生たちをのぞいて、全職員が出勤して2学期に向けての準備を始めています。

2学期が始まるとすぐに迎える、運動会に向けての準備も行っています。

運動場もしばらく、手入れをしていなかったので、草が生えてきていたり、木の枝も伸びていました。

運転手さんたちが、手入れをしてくれて随分と綺麗になりました。

c0157030_246551.jpg

いつしか、蝉の鳴き声もあまりしなくなりました。

幼児たちは、「蝉がおらんかな」とあみを持って探していました。

そのうち、興味が蝉からバッタに移っているようでした。

# by keiokd | 2009-08-20 23:42 | 幼稚園 | Comments(0)

高校野球から学ぶ、夢の叶え方

昨日に続き、高校野球に関係することです。

拝読している中井俊已さんのメルマガで紹介さていました。

中井俊已さんの著書を読んで、一度お話をお聞きしたいなと思っていました。

今年の春、ホームページ上で、学校関係での講演会の募集をしていたので、是非にと思い、申し込んだところ、なんと11月12日に慶応幼稚園でご講演いただけることになりました。

http://www.t-nakai.com/kouen.html

詳細は、後日お知らせいたします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

長崎の清峰高校が、先日、春の選抜高校野球で優勝しました。

実は、この清峰高校は、田舎である長崎県のさらに田舎の普通の県立高校です。

しかも、数年前までは荒れた学校でした。生徒の生活態度は乱れ、勉強はやる気なし。

2001年の春、吉田洸二監督が就任したときは、雑草が生えたグラウンド、散乱したボールやバット、覇気のない練習など、全国で戦えるレベルにはほど遠いチームでした。

県大会でも、毎年1回戦敗退でした。

それから8年。

春2回、夏3回と甲子園出場。3年前は、同じ春の大会で決勝まで進みましたが、強豪・横浜高校に21-0で大敗しました。が、それをバネにさらに強くなり、ついに今年、初の全国制覇を成し遂げたのです。

なぜ、清峰高校野球部はこんなにも大躍進を遂げたのでしょうか?

田舎の県立高校ですから、野球部だけに力を入れたわけではありません。

県外から野球のうまい子を引っ張ってきたわけでもありません。

今でも野球部の生徒も、全員が地元の子どもたちだけです。

もちろん吉田監督の指導力に負うところは大きいと思いますが、彼は言います。
「この日本一は私だけの力ではなく、多くの小中学校の指導者たち、これまでの卒業生たちが積み重ねてきたもののおかげです」

そうでしょう。が、それだけはありません。

以前この清峰高校に勤めていたF先生の話から、他の大きな理由の1つは、清峰高校全体の思い切った学校改革にあると私は考えています。

たとえば、学校名は2003年から「北松南」から生徒に募集した「清峰」に改名。

制服もより、カッコいいものに変更。

そして、日々、あいさつ、時間厳守、整理整頓など徹底した生活指導がおこなわれました。

その中心的な教師のひとりだったのが、社会科を担当している野球部の吉田監督でした。

たかが、生活指導と思われるかもしれませんが、これはすごく大事なことです。

この積み上げが、生徒ひとりひとりの力を伸ばし、強くしていったのだと私は思うのです。

この吉田監督の趣味は読書。ジャンルは問わず、たくさん読まれるそうです。

これまで最も共感できた本は、伏見工高(京都)ラグビー部の山口良治監督の『信は力なり』。

伏見工高も以前は荒れていた学校でしたが、山口監督のときに全国優勝2回、準優勝1回を果たしました。

わたしたち個人も同じだと思います。

信じると力が増します。

信じることで、信じてやり抜くことで、必ずや強く前進していけます。

そして、信じたように夢は叶います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
人はプラス発想、マイナス発想のどちらも持ち合わせています。

マイナス発想ばかりを思い浮かべていると、そのように導かれていきます。

逆にプラスの思いを持ち続けていると、それを実現しようと努力します。動きます。

# by keiokd | 2009-08-19 01:48 | 今日の園児たち | Comments(0)

高校野球

高校野球に加えて、世界陸上も行われ、スポーツ真っ盛りの夏です。

高校野球では、地元西条高校が明豊高校相手に残念ながら、負けてしまいました。

一生懸命な姿に、心から拍手を送りたいと思います。


高校野球に、なぜ見入ってしまうのでしょうか。

各地区の代表が出ているので親近感があることもあるでしょう。

しかし、地元校が負けた後も見続けてしまいます。

今年は4041校の高校が参加しての大会で、最後まで勝ち続けるのは1校だけです。

努力すること、それを継続することが大切だと分かっていながら、それができなかったり、結果として結びつかなかったりすることが多く、人は成長の中であきらめることをいつの間にか覚えていくのでしょう。

しかし、高校野球では、あきらめることなく、最後まで努力する姿が試合を見て感じられます。

結果を生み出す人は、必ずあきらめず努力することを積み重ねています。

一生懸命に頑張っていた、自分の姿に重ね合わせて、見入ってしまうのではないでしょうか。

# by keiokd | 2009-08-18 12:56 | 園長が感じたこと | Comments(0)

世界陸上

世界陸上が行われています。

2日目、注目の男子100mの決勝が行われました。

なんと、ウサイン・ボルト選手の優勝タイムが9.58秒005.gifの世界新記録。

世界のトップは、なんと凄いことか!!

どのような走りをしているのか、目の前でみてみたいです。

テレビとは違った、臨場感、雰囲気、迫力などが伝わってきます。

幼児たちにも、本物の凄さを体験させてあげられたらな・・・と思ってしまいます。

# by keiokd | 2009-08-17 23:38 | 園長が感じたこと | Comments(0)

本を選べない子どもたち

今日でお盆休みが終わりという方もおられるでしょう。

日が落ちた後、外に出てみると鈴虫の鳴き声が聞かれました。

明日からは預かり保育を再開します。

少しですが、幼児たちの声が聞こえてきそうです。

今日の、朝日新聞に「子どもに本をすすめてください」という中学生の投書が掲載されていました。

内容は、今時の子どもは本を読めない以前に、本を選べないので、おすすめの本を紹介してほしいという声が図書委員に寄せられているということでした。

全員ではないのでしょうが、本に限らず、自分で選択できない子どもたちが増えてきているのではないでしょうか。

本については、幼少の頃に本に触れる機会があまりなかったのだろうかと思います。

また、先回りして、手をさしのべすぎたり、必要な物を与えてしまっていたのではないでしょうか。

時間がかかっても、子どもたちが答えを待つこと、それが幼児期には大切だなと改めて感じました。

# by keiokd | 2009-08-16 23:47 | 園長が感じたこと | Comments(0)

ただ、あいさつをする

【子育ちバイブル9ヶ条】というメールマガジンから「ただ、あいさつする」をご紹介します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
「ただ、あいさつする」
 
「あいさつする」というのは、何度も指摘したことではありますが、「あいさつさせる」ことではありません。

そのことを、ここでもう一度述べたいと思います。

あるお寺の、いちばん偉いお坊さんは、会う人会う人にいつも笑顔で挨拶をしていました。

そのお坊さんは散歩を日課としていて、その散歩の途中で、必ず毎日会う人がいました。

そのお坊さんは、いつもの笑顔で、その男の人にも挨拶をするのですが、その男の人は挨拶をしません。

それでも、お坊さんは毎朝毎朝、いつもの笑顔で挨拶をしていたそうです。

そうしたことが3年続きました。

そして3年後、いつもどおりの笑顔で挨拶したお坊さんに、その男の人は、絞る出すように、ついに「おはようございます」と言ったそうです。

そして、「いままですみませんでした」と涙ながらに謝ったというのです。



挨拶をして、挨拶を返されなかったら、たいていの人はムッとします。

そして、それが何回か続くと、その人には挨拶をすることはしなくなるのではないでしょうか。

まして、その挨拶をしない人が子どもであったとしたら、怒ったり、「挨拶されたら、挨拶をするものだ!」と説教したり、自分の子どもであったら、

「あいさつは?」「おはようは?」とか

「あいさつぐらい、ちゃんとしなさい!」とか

「こんなときは、なんて言うの?」と、詰問してしまいがちです。

(「こんなときは、なんて言うの?」というセリフは、本人に気づかせようとの意味で言ってても、子どもは責められているとしか感じません)

自分が挨拶するのは、相手の挨拶を期待して、というためではありません。

こちらが挨拶するのは、ただ挨拶すること自体に意味があるだけで、相手が挨拶しないことに腹を立てたり詰問したりするというのは、筋違いというものでしょう。

確かに、挨拶は社会の潤滑的ルールかもしれません。

しかし、もしそうであるなら、挨拶をしないからといって、その人に悪感情を持つこと自体が、むしろ、社会の潤滑をみずから阻害していることになるのではないでしょうか?

相手が挨拶しようがしまいが関係ない、自分の子どもが挨拶しようがしまいが関係ない、ただ自分が淡々と挨拶をし続ければいいだけのことです。

そして、その親の姿を、子どもは見てないようでいて、しっかりと見ているものです。

そうした姿勢をずっと見てきた子どもは、いずれ、自分も、相手が挨拶しようがしまいが関係なく、素敵な笑顔で、誰にでも挨拶する大人になっていくのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
子どもに見せる親の姿勢として、勉強になります。

「挨拶ができるように」と過度な期待をしすぎるよりも、大人があきらめずに続けていくことが一番大切な子となことだと思います。

# by keiokd | 2009-08-15 23:25 | 園長が感じたこと | Comments(0)

セグウェー初体験

c0157030_23214482.jpg
今日は秋を感じるような風が吹いていました。

公園で遊んでいたときの、少し曇ったときの風は秋風のようでした。

暦の上では、すでに秋なのですが、今年は秋の訪れが早いのでしょうか。

上空には、「うろこ雲」がありました。

天候も下り坂なのでしょうか。

c0157030_23255376.jpg
「エミフル松前」でセグウェーの体験乗車をしていて、運良く体験乗車をすることができました。

以前から興味があったのですが、なかなか体験することができなかったので、貴重な経験ができました。

こんな乗り物がもっと利用できるようになればよいのにと思いました。

11月に予定されている「キッズふれあいランド」にも登場する方向で検討していただいています。
(8月3日のブログを参考にしてください)

制限があるようなので、幼児には難しいのかもしれませんが、正式に決まりましたら、お知らせします。

# by keiokd | 2009-08-14 23:37 | 園長が感じたこと | Comments(0)

ご存じですか

毎日届くメールマガジンの中に、「みやざき中央新聞」のことを紹介されているものが複数のメルマガにありました。

主に宮崎を中心として行われた、いろいろな分野の講演会を取材された中から、ためになることや心温まる話などを抜粋してにして発行されています。

宮崎なら読めないではないか・・・

と私も思ったのですが、こちた月4回の発行で郵送で送られてくるのです。

今週送られてきた新聞の一部を紹介します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
(株)感性リサーチ社長 黒川伊保子さんの講演から(一部抜粋)

「幸せ脳」に育てよう ~母親が気付かない男の子の育て方~

男の子が複数、つまり長男、次男とか育てるときに気をつけたいのは、序列を守るということです。

男性の脳は空間認識力がすごくいいです。

地図を読む能力とか、縦列駐車とか。

この空間認識力は現実世界では、何と何がどういう順番で並んでいて、どっちが上でどっちが下というのがとても気になるんです。

(中略)

男性は序列を飛ばされるとものすごく腹が立つみたいです。

これは、生まれたときからあって、次男が生まれたときに長男は今まで何でも一番だったのに、それが二番になったりすると心が荒みます。

男性は、愛されてるのか愛されていないのかを序列で感じるみたいです。

今まで一番だったのに、急に二番になると、不安になって、トラウマになったりします。

だから、次男、三男がうまれてもこの序列さえ崩さなければ兄弟は仲良く、安心して育ちます。

この序列さえ崩さなければ、「お兄ちゃんだから我慢してね。」と言ってあげると我慢できます。

特に、食べ物の順番はすごく重要だそうです。

一人っ子の方も、「夫も男だから、夫→長男の順番を壊しちゃいけない」そうです。

男の子は家の中でお父さんが大事にされてるかを見ています。

いずれ自分がその座に座るからです。

だから、配膳のときも、まずお父さんからです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

男の兄弟を持つ方は、参考になるのではないでしょうか。

このような記事が、毎回掲載されています。

希望すれば見本紙を1ヵ月分、送ってくださいます。(現在送っていただいています)

本を一冊買うつもりで、来月からは購読しようと思っています。

みやざき中央新聞
http://miya-chu.jp/

# by keiokd | 2009-08-13 23:39 | 園長が感じたこと | Comments(2)

みどりのカーテン?

c0157030_2013324.jpg
うさぎ組の前に植えてある朝顔たち。

昨年までは、色鮮やかにいろいろな花が咲いていたのですが、なぜか今年は花を咲かせませんでした。

何が原因なのでしょうか・・・

今年は「みどりのカーテン」になっています。

一昨日、ようやく花を咲かせました。
c0157030_20131492.jpg


# by keiokd | 2009-08-12 20:18 | 園長が感じたこと | Comments(0)

うれしい知らせ

c0157030_23584450.jpg
松山は台風の影響もそれほど無く、今日は058.gifの一日でした。

うれしい知らせが届きました。

慶応幼稚園の卒園生が、全国中学生バスケットボール大会と全日本中学校陸上競技選手権大会に出場するという知らせを受けました。
(共に幼稚園に隣接している南第二中学校の生徒さんです)

私が、幼稚園に携わるようになった時のはじめての卒園生たちなので、特に嬉しく感じます。

体調を整えて、後悔しないよう精一杯のプレイをしてほしいと思います。

c0157030_23585981.jpg
預かり保育の幼児たちがリレーをしていました。

未来のインターハイ、いやオリンピック選手がでるかも・・・

# by keiokd | 2009-08-11 23:37 | 園長が感じたこと | Comments(0)

かもの法則

先生たちの課題図書「かもの法則」には、子育てについても触れられています。

・欠点よりも長所を誉める。

・夢を否定せず、どんなつまらない夢でもそのサポーターになって励ます。

・いつも無条件の愛で包んであげると、自分は愛されている、認められているという満足感がでてきて、自信につながり、才能や能力を発揮する。


子どもたちの中に、「むりかも」「できないかも」ではなく、「できるかも」をたくさん育てていきましょう。

# by keiokd | 2009-08-10 17:33 | 園長が感じたこと | Comments(0)

考え直したいこと

英会話スクール校長の本城武則先生からお聞きした話で、私自身もそうだなと感じたこと、

それは、

「日本人が日本の良さを忘れている」

ということ。

日本人が西洋人に憧れ、西洋の文化を取り入れ、古来から伝わる、日本の伝統、文化を忘れてしまっています。

外国人から見た日本の良さは、古来から伝わる日本の伝統や文化だとお聞きしました。

今の人たちが日本の素晴らしさを、どれだけ伝えられるでしょうか。

私自身も人のことは言えないのですが・・・

英語教育の導入時期が早くなってきています。

英語が話せるだけでなく、真の国際人になるためには、日本の伝統、文化についても理解していく必要があるのではないでしょうか。

夏休みは、日本の良さを考え直すチャンスかもしれません。

# by keiokd | 2009-08-09 23:30 | 園長が感じたこと | Comments(0)

幼児たちの絵が展示されています

c0157030_1561976.jpg
c0157030_1563390.jpg
c0157030_1564953.jpg
c0157030_1565946.jpg


海のなんでもNo.1「おもしろ不思議水族館」の開催に合わせて、年長児の描いた海の生物の絵が、いよてつ高島屋9階にある「くるりんボード」に展示されています。

高島屋にお出かけの歳は、お立ち寄りいただければと思います。

展示は8月11日までとなっています。

# by keiokd | 2009-08-08 23:56 | 園外の出来事 | Comments(0)

四国地区教育研究大会二日目

c0157030_219136.jpg
昨日に引き続き、四国地区教育研究大会に参加しました。

現状の幼稚園、保育所という制度が、「全ての子どもたちの幸せ」が実現されるために、今後変わっていく可能性があることを認識しました。

現在は受け入れるための器である「施設が足りない」ということを言われるのですが、そこにいる子どもたちのことが置き去りにされている感が否めません。

子どもたちの幸せが実現できるために、幼児教育にかかわる一人として、しっかりと社会に向けて発言をしていかなければならないと感じます。


昨日、今日とたくさんの「ありがとう」という言葉をいただきました。

苦労した面もあったのですが、「ありがとう」の言葉で全てがむくわれた気がします。

# by keiokd | 2009-08-07 23:17 | 園外の出来事 | Comments(0)

四国地区教育研究大会一日目

c0157030_1585617.jpg
c0157030_159496.jpg
c0157030_1591182.jpg

今日から2日間に渡り、松山で全日本私立幼稚園連合会四国地区教育研究大会が行われています。

慶応幼稚園からも多数の教員が参加しています。

「今、幼児教育の問い直しを始めよう」という大会主題のもと、6つの分科会、設置者・園長部会が行われました。

私は、愛媛県私立幼稚園協会の役員として、準備および設置者・園長部会の司会を担当しました。

準備万端のつもりであったのですが、いろいろと不手際があったようです。

ご迷惑をおかけしてしまったのですが、良い経験になりました。


設置者・園長部会では、(有)遊育の吉田正幸先生のお話を聴講しました。

今までの少子化がこれからは、さらに加速するだろうという予測の話がありました。

同じ出生率が続いたと仮定しても、出産可能な年齢の人口が、これから、減少していくためのようです。

少子化は、幼稚園が生き残っていくという課題だけではなく、労働者人口の減少、現役世代が支えている年金システムの問題など、多くの課題につながっていることを実感しました。

幼児教育については、「無償化」という言葉を取り上げられる機会が増えていますが、理解を深めるためにも幼児期の教育がいかに大切なのかを、広く情報発信していかないと行けないと改めて感じました。

# by keiokd | 2009-08-06 23:58 | 園外の出来事 | Comments(0)

二学期に向けて

今年は、夏休み中に研修会などに参加する機会が多く、なかなか職員全員がそろうことができないので、二学期に向けての打ち合わせを行いました。

そして、先生たち一人ひとりと面談を行い、現状の問題点について話をしたり、私の思いを伝えました。

今年は、先生たちの課題として、読書をしてもらうことにしました。

本のタイトルは西田文郎著の「かもの法則」です。

西田文郎先生は、北京オリンピックの女子ソフトボールチームや高校野球で2連覇した駒大苫小牧高校のメンタルトレーニングを担当された方です。

「かもの法則」に従うと、未来が変わります。

# by keiokd | 2009-08-05 23:48 | 幼稚園 | Comments(0)

プール掃除

c0157030_142915.jpg
c0157030_1422417.jpg


ようやく夏らしく058.gifの日差しが強くなってきました。

昨日で、サマーレッスンが終了し、今日は、プール掃除を行いました。

プール、プールサイドを磨いていると、汗が噴き出てきました008.gif

日頃、手が行き届いていない箇所の清掃をすることができ、きれいになりました。

# by keiokd | 2009-08-04 23:41 | 幼稚園 | Comments(0)

サマーレッスン第三期最終日

c0157030_214137.jpg

サマーレッスン第三期の最終日となりました。

昨日、一昨日が土曜、日曜ということもあり、3日間にわたり、たくさんの保護者の皆様に参観いただきましたこと、とても嬉しく思います。

ありがとうございました。

次回のプールレッスンは、二学期の8月31日となります。

私は、午後から11月7日(土)に開催される予定の「キッズふれあいランド」の第一回企画会議に参加しました。

一昨年から始まり、今年で3回目が行われることが決まっています。

開催場所は、堀之内の旧松山球場跡地になります。

「いないいないばあっ」で人気の「ワンワン」もやってくる予定です。

また、詳細が決まってきたら、こちらでもお知らせしていきます。

c0157030_2194868.jpg
c0157030_220276.jpg

※写真は、一昨年の様子です。

# by keiokd | 2009-08-03 23:12 | 園外の出来事 | Comments(0)

ありがとうございます

夏休みに入り、2週間になります。

休み中にもかかわらず、たくさんの方にブログを見ていただけて、嬉しく思います。

夏休みに入っても、アクセス数は、それほど変わっていません。

研修会で同席した東京の先生から

「ブログ見ています。頑張られていますよね。」

と言われ、保護者以外の方も見ていただいていることに嬉しくなりました。

また、八田先生からも

「ほぼ、毎日見ていますよ」

とメールをいただきました。

たくさんの方に応援していただけていることに幸せを感じます。

ありがとうございます。

# by keiokd | 2009-08-02 23:44 | 園長が感じたこと | Comments(0)
line

愛媛県松山市にある慶応幼稚園の二宮一朗園長が子ども達のこと、幼児教育のこと、地域のこと、夢をもつことについて語ります


by keiokd
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31