コスモ体操指導

c0157030_112244.jpg
6月も今日が最終日。

今日は、コスモスポーツクラブの体操指導の日でした。

057.gifが降っていたので、「かけっこ」も体育館で行いました。

年少児の走りも、少しずつ格好良くなってきました。


c0157030_1121092.jpg
年中児も、壁逆立ちがほぼできるようになってきました。

女児の方が、少しできるようになるのが早く感じます。

負けるな男の子たち!

c0157030_1121732.jpg
年長児が、壁面製作をしていました。

今日は「海の生き物作りをしました。

自分たちで海の生き物を考え、友だちと相談し

「○○が足りないね」

と自分たちの海をイメージしていました。

c0157030_1122427.jpg
「何にしようかな」

とつぶやきながら、自分の夢を書いていました。

毎日の成果か、しっかりとペンを握っていました。



# by keiokd | 2009-06-30 23:01 | 今日の園児たち | Comments(0)

自分のことは自分でやってみる

幼稚園教育要領が改訂となり、「幼稚園、保育所と小学校との連携」が、より重要視されるようになってきています。

先日、浮穴小学校との連絡会が行われました。

「明るく素直な子が多いが、度が過ぎることがある」

「言葉遣いが気になる(ダサイ、キモイ、バカなど)」

「給食を時間内(20分)で食べられない」

「話を聞くときの姿勢が気になる」

「5時間目ぐらいになると寝てしまう子がいる」

「あいさつができない」

「鉛筆を正しくもてない」

慶応の子どもたちのことを言われているわけではありませんが、日頃の積み重ねが大切だなと思いました。

また、幼稚園だけではなく、ご家庭での協力も不可欠になります。

そのためにも、

自分のことは、自分でする

という習慣をつけてほしいともいます。

「自分の鞄をを持つこと」

「自分の足で歩くこと」

「自分で洋服を着ること」

「自分の靴をそろえること」

「自分で使った物は自分で片付けること」

できるようになるには、時間がかかるものもあります。

しかし、幼児期だからこそ、じっくりと時間をかけて、自分でする習慣を身につけておくことが大切です。

c0157030_10572169.jpgc0157030_10572978.jpg


年少児に、短冊に書く願い事を何にするかたずねてみました。

「プリキュア」「シンケジャー」などのアニメキャラクターが多かったのですが、それよりも多かったのが

「バスの運転手さん」でした。

バスの運転手さんを間近に見て、幼児たちなりに感じるものがあるのでしょう。

# by keiokd | 2009-06-29 23:22 | 園長が感じたこと | Comments(1)

できることは面白い

c0157030_23385684.jpg
年少では、文字に興味を持たせるために、クラスの幼児の名前を書いたカードを使っています。

毎日続けていると、文字が少しずつ読めるようになってくることを実感します。

全ての文字が読めなくても、自分の名前のカードが出たときは、わかるようになりました。


文字への興味は、身近にある物からだったりします。

教室には、バスコースや誕生表に、一人ひとりの名前が書いてあるので、それを一文字ずつ、ゆっくりと読んでいる幼児もいます。

部屋の環境の中にも、文字が意識できるように考えています。
c0157030_233944.jpg
年中は鍵盤ハーモニカの練習をしました。

それぞれが弾きたい曲を一生懸命練習していました。

「あと一つでカードのシールが全部はれる!」

と言って、目がキラキラしている幼児もいました。


一つの曲を弾けるようになり、シールをもらえることが、今のやる気につながっているようです。

上手に弾ける幼児は、友だちにアドバイスする姿が見られるようになっています。
c0157030_23391337.jpg
年長児は6月生まれの誕生会を行いました。

その後、クラス対抗リレーを行いました。

「友だちを一生懸命応援すること」

「どうやれば早く走れるかを考えること」

「一生懸命全力で走ること」

リレーの中には、幼児たちが育つ様々な要素が含まれています。
c0157030_23392129.jpg
昼食が終わった後、年長のクラスへ行ってみると、廊下に机を並べて鍵盤ハーモニカを弾いていました。

最初は、2人でしたが、

「僕もする」

「私もしたい」


と教室から机と椅子を出してきて練習を始めました。

以前もご紹介しましたが、体育館へ体操の練習に行っている幼児もいます。

また、朝の時間には

「ワークしてもいい」

と朝の時間に文字を書いている幼児もいます。

「できることは 面白い」

「面白いから 練習する」

「練習するから 上手になる」

「上手になると 楽しい」

「そして次の段階に行きたくなる」

今、慶応幼稚園の子どもは「できることは面白い」という経験を、積み重ねています。

先日の八田先生の講演の中でのお話にもありましたが、今、取り組んでいることの意味の一つに、「自学自習ができるようになる」ということがあります。

歩みはゆるやかですが、確実に一歩一歩、目標に近づいています。

# by keiokd | 2009-06-26 23:35 | 今日の園児たち | Comments(0)

自分で考えてみること

c0157030_11302565.jpgc0157030_11303482.jpg
c0157030_11304140.jpg今日は、年少児の6月生まれの誕生会でした。

幼稚園で初めて迎える誕生会は、とても待ち遠しいようです。

先生から手作りのカード、冠をぶった幼児たちは、とても嬉しいようです。

「4歳になったよ」

と一つお兄ちゃん、お姉ちゃんになったことを誇らしげに話してくれます。


年中、年長児は鍵盤ハーモニカの練習を音楽として行っています。

年少児はというと、歌をうたったり、体を使ってリズム打ちをしたりしています。

はじめは

「わからないよ002.gif

と言っていた幼児も、何度も歌うちに覚え、

今は「○○が歌いたい003.gif

と幼児からリクエストがきます。

また、曲に合わせてのリズム打ちができるようになると、鍵盤ハーモニカの練習に入ってからも、自然とリズムがとれるようになります。

3歳のこの時期がとても大切だと感じています。

c0157030_11304981.jpgc0157030_11305632.jpg

年中児、年少児も七夕飾りや壁面の製作を行いました。

自分で考えて、自分でやってみよう

ということを製作でも取り入れています。

すぐにアイデアが思い浮かばなくても、友だちがしているのを真似してみたり、先生からアイデアをもらったりして作成していきます。

「考える力」は、いろいろな活動の中でつけていくことができます。

c0157030_1131442.jpg
毎週木曜日の行っている「キッズクラブ」では、今日は親子体操を行いました。

竹政先生、立花先生に加えて、体操指導の野口先生も一緒に参加しました。

体を動かすことを、とても楽しんでいました。

# by keiokd | 2009-06-25 23:29 | 今日の園児たち | Comments(0)

誕生会

c0157030_322410.jpgc0157030_3221275.jpg

今日は、年中の6月生まれの誕生会を行いました。

メダルをかけてもらったり、歌を歌ってお祝いをしたり、心を込めて誕生児を祝いました。

みんなで、「アブラハムの子」や「ダンゴムシ体操」のダンスをして、楽しい時間を過ごしました。
c0157030_3222085.jpg
年少児も、鉛筆を持って、線を書く練習から始めています。

「できたよ~」「はやく見てよ」

できた時の表情は笑顔で、見てもらえると、

「次のところしよう」

と、楽しみながら取り組んでいました。


6月も後半に入り、七夕飾りの製作が徐々に進んでいます。

年少児は、「△つなぎ」「□つなぎ」を集中して、つなげていました。

年長児になると、自分たちで考えながら、色合いやグラデーションを考えたり、長さも考えたりしながら作成していました。

7月には、幼稚園の玄関にもお目見えしますので楽しみにお待ちください。

# by keiokd | 2009-06-24 23:21 | 今日の園児たち | Comments(0)

コスモ体操指導

c0157030_345661.jpgc0157030_35549.jpg
c0157030_351259.jpgc0157030_352072.jpg

今日は、コスモスポーツクラブの体操指導の日でした。

年長児は「逆立ち歩き」「ブリッジ回転」の練習をしています。

女児の「ブリッジ回転」は、刺激を受けて、できるようになる幼児が増えています。

できるようになった幼児は、真っ直ぐまわることや、着地をきちんとできるように練習しています。

「こうしたらいいんかな」

「こうしたらいいんじゃない」

と自分たちで考えながらしていました。

男児の「逆立ち歩き」も2歩、3歩と歩けるようになる幼児がでてきています。

「逆立ち歩き」の前段階として、「壁伝い歩き」「壁逆立ちでの手ぶみ」など一人ひとり、今できることに取り組んでいます

何度も練習をしながら、自分の中で感覚をつかんでいます。

女児は黙々と練習しているのと比べると、男児は「見てほしい」「褒めてほしい」という思いが感じられます。
c0157030_353072.jpgc0157030_353778.jpg

年中児は、逆立ち歩きの前段階として、壁がないところでの練習を始めました。

「いいぞ~」「上手だぞ」

と住木先生や井上先生、担任から声がかかると

「僕だってできるけん、見よってよ」

と他の幼児もやる気になって頑張っていました。

友だちが先にできると、負けないように何度も挑戦している姿が見られました。

年中の男児たちが、逆立ち歩きをしている姿が、思い浮かび、ワクワクしてきます。
c0157030_354542.jpgc0157030_355355.jpg

年少児の製作です。

今日は「魚」に顔を描いていました。

「おめめは黒だよね」

「お口は赤だよね」

と言いながら、かわいい魚がたくさんできあがりました。

魚の周りに、お花やハートをかいている幼児もいました。

# by keiokd | 2009-06-23 23:02 | 今日の園児たち | Comments(0)

思い描くことの大切さ

057.gifが降ったりやんだりで湿度が高く、蒸し暑い日となりました。

水不足が解消されるなら・・・

しばらくは我慢の季節です。



c0157030_2555212.jpg「今日、何を頑張ろうかな」

と年少児にたずねてみました。

すると、「かけっこ!」

という声がかえってきました。

「一生懸命手を振って走ろう」

「頑張るぞ!!オー!!」

とやる気になっていました。

走るときになっても

「一等賞になるぞ!」

と元気いっぱいに頑張っていました。


年中児は、時間をとって、年長児が体操をしているところを見学しました。

「具体的にイメージすればするほど、夢は実現に近づく」

ということを、アントレプレナーセンターの福島正伸氏の講演会でおっしゃられました。

年長児が、逆立ち歩きや側転、ブリッジ回転などをしている姿を真剣に見ていました。

「自分たちもできるようになるんだ」

「自分もあんなことができるようになりたい」

というイメージを思い描けたのではないかと思います。

明日からの取り組みに、注目していきたいと思います。

# by keiokd | 2009-06-22 23:40 | 今日の園児たち | Comments(0)

参観日&講演会

c0157030_16113760.jpg

今日は、今年度2回目の参観日を行いました。

4月からの1ヶ月半の成長を見ていただけましたのではないかと思います。

参観日の後は、日本経営教育研究所の八田哲夫氏

『幼児期に必要な"心の力""学ぶ力""体の力"』

という演題でご講演していただきました。

全てをここに表現することはできませんが、私自身が心に残った言葉を書き記します。

・「歩く量が低下している」
子どもたちは、1日15,000~20,000歩、歩かなければならないが今は、数千歩まで減っている。

エレベータではなくて階段を歩く、車ではなくて歩くこと、無理は必要ないが、歩くことが体をつくる基本です。

これは都会より、松山のように車での移動が多いと、より顕著だなと私も感じます。

・「こわいものの存在」
思春期の非行を押さえるためには、幼児期(特に男の子)にこわいものが必要です。

それを幼児期に刷り込めていると、思春期にはブレーキがききます。

・「自分でできることは自分にさせる」
例えば、靴をはくこと、自分の持ち物を自分で持って帰ることが大切です。

・「何のためにするのか」
何のためにするのか、目的を持つことが大切です。

何のために幼稚園に行くのか、何のために学校に行くのか、何のために仕事をするのか、答えられますか。

「将来の夢を語る」
子どもと一緒に夢について語りましょう。

何のためにそれをしたいのかを一緒に考えてみましょう。

ただし、子どもは大人を見て、夢を決めています。

親の「疲れた」という言葉と「ため息」は子どもの夢をなくします。

どんなこともあきれめなければう”夢は叶う”ということを伝えましょう。



たくさんの保護者の方にご聴講いただき、私はとても嬉しかったです。

聴講していただいた皆さんからご感想を頂ければと思います。

反響があれば、再度、講演をお願いしたいと思っています。

c0157030_1613441.jpg午後からは、約1時間にわたり、研修会を行いました。

「女の子とがなりたい職業の上位にある幼稚園・保育所の先生に、みんなはなっています。みんなは夢を実現している、ほんの一握りの人たちなんです」

この言葉は、先生たちの心に響いたようです。

最後に映像を見せていただいたのですが、感動して涙する先生007.gifもいました。

感動の語源をたどると「感即動」です。

即行動して「感動」なのです。

先生たちも、また気持ちを新たにして保育にあたってくれるでしょう。


講演会の中でお話しされていたはっちゃんまんワールドのアドレスです。
(右のHPからブログのページにいけます)
http://hachamanworld.blog.shinobi.jp/

# by keiokd | 2009-06-20 16:54 | 今日の園児たち | Comments(0)

はじめての園外保育

今日は、コスモスポーツクラブの高知支部の担当の先生と、総合的に指導していただいている三宅先生、いつもの体操指導をしていただいている住木先生、井上先生が特別に体操の指導をしていただきました。

年少児が園外保育に行っていたため、いつもより時間を長く30分ずつ体操を行いました。

今日も、初めて、壁逆立ちができたり、ブリッジ回転ができた幼児がいました。

初めてできたときの表情は、本当に嬉しそうです。

できるようになると何度も繰り返し、練習していました。

何度も何度も失敗しますが、それは、確かな成長につながっています。

あきらめなければ、ぜったいにできるということを幼児たちが証明してくれています


幼児たちを見ていると私自身もワクワクしてしょうがありませんでした。

c0157030_2532810.jpgc0157030_2533696.jpg
c0157030_2534435.jpgc0157030_2535187.jpg
c0157030_254119.jpgc0157030_254927.jpg
c0157030_254178.jpgc0157030_2542520.jpg


年少児は園外保育で東垣生公園に行ってきました。

「飛行機の見える降園に行くんよね?」

と何日も前から張り切っていた幼児たち。

汗をたくさんかきながら元気いっぱい遊んでいました。

飛行機が着陸するときに頭上を通過し、

「わ~ 大きい!」

「すごい!!」

「風がびゅーんって吹いたね」

と大興奮でした。

あまりの迫力に、泣いてしまう幼児もいましたが、楽しく過ごすことができました。
c0157030_2543394.jpgc0157030_2544191.jpg
c0157030_2544930.jpgc0157030_2545652.jpg


# by keiokd | 2009-06-19 23:53 | 今日の園児たち | Comments(0)

ハロウィンの森

c0157030_245572.jpg
c0157030_2451326.jpg
毎日幼児達が観察し、声をかけているカブトムシの幼虫が、さなぎになりました。

四匹中二匹は立派な角を確認することができ、幼児たちも驚きと感動で興奮していました。

「今日は動いた!」

「動かない」

と心配しながら、カブト虫の幼虫の成長を通して、命の大切さを感じています。

成虫になるのがとても楽しみです。


年中児はハロウィンの森へ園外保育に行きました。

年中児になって、初めての園外保育に、前日からとても楽しみにしていました。

公園に着くと、幼児たちは一番楽しみにしていた長~いローラーすべり台を目指してかけだしていきました。

すべり台を滑り降りると

「おしりがいた~い」

と言っていましたが、何度も何度も滑っていました。

また、かぼちゃのプリンのような小さなすべり台もあり

「プリンに行こう」

と張り切っていました。

園にかえった後、ズボンを見てみるとカボチャのペンキがついていて

「プリン連れて帰ってきてしまったね」

と笑い話もありました。

c0157030_2452448.jpgc0157030_2453465.jpg
c0157030_2454178.jpgc0157030_2454827.jpg

# by keiokd | 2009-06-18 23:44 | 今日の園児たち | Comments(0)

今日の園児たち

c0157030_9121592.jpgc0157030_9122432.jpg
c0157030_9123230.jpgc0157030_9124013.jpg

年少組は、はさみをつかって製作活動をしています。

しっかりと持って、まっすぐ切ることから始めています。

来週からは七夕飾りの作成にもとりかかります。


年中組の柔軟体操では、開脚柔軟であごが床につくことを目標に行っています。

おでこがしっかりと全員つくようになってきています。

みんな、一生懸命に頑張っています。

ブリッジ歩きで歩ける幼児も増え、横歩きや後ろ歩きで歩いている幼児もいます。

いろいろな歩き方ができるようになるということは、体を自由自在に操れることにつながり、運動を行うときに、自分で適応する能力が高まってきます。


年長組は、夏休み期間中にいよてつ高島屋に展示していただく「海の絵」を描きました。

いろいろな絵本や図鑑を見たり、自分で想像したりしながら、描きたい絵をかきました。

人気だったのが「ハリセンボン」「タコ」「ペンギン」でした。

「ペンギンの手はしっぽみたいに長いよ」

と友だち同士で特徴を見つけながら、楽しそうに描いていました。

c0157030_915797.jpg今日は、すくすくクラブのくまぐみがありました。

たくさんのお子様たちに遊びに来ていただきました。

ありがとうございました。

くま組の次回は7月8日となります。

# by keiokd | 2009-06-17 23:11 | 今日の園児たち | Comments(0)

コスモ体操指導

今日も058.gifでした。

お昼が近くなると、随分と気温が高く、暑く感じる日が多くなりました。

今日は、幼児たちが楽しみにしていたコスモスポーツクラブの体操指導の日でした。

側転、ブリッジ回転に加えて、年長の女の子は

「前方倒立回転」の練習を始めました。

もうすでに、できるようになった幼児もいます。

毎日積み重ねることで、幼児たちの可能性がどんどん引き出されていることを感じます。


年中児は鍵盤ハーモニカで「りすのエレベーター」の曲を練習しました。

みんなが知っている曲なので、弾きやすく、楽しみながら練習できました。

弾き終えた後には

「できた!」

「ぼくだって!」

と嬉しそうな姿が見られました。


年少児のあやめ組では明日、パン屋さんをするために、トッピング作りをしました。

はさみを使っての製作だったのですが、2回目ということもあり、手際よく一発切りをしていました。

パンを作る楽しみと、いろいろな色があることで、楽しみながら作ることができました。

# by keiokd | 2009-06-16 23:32 | 今日の園児たち | Comments(0)

避難訓練

c0157030_0443822.jpg
c0157030_0442596.jpg

今日は、全園児で避難訓練を行いました。

今回は、日頃の活動から、避難するということに重点を行いました。

体育館で体操をしていたり、鍵盤ハーモニカを吹いていたり、本を読んでいたりしているときに

「火災発生、火災発生」

という放送が入り、一斉に避難が始まりました。

口を押さえながら、小走りで上手に避難することができました。

松山南消防署の方からもお褒めの言葉をいただきました。

訓練の後、

「マッチ、ライターを使って火遊びをしないこと」

「ガスコンロをかってにさわらないこと」

「火事は本当にこわいこと」

を幼児たちに伝えました。

松山市内でも幼児が亡くなる火災が起きています。

火遊びだけは絶対にしないよう、ご家庭でもご指導いただければと思います。
c0157030_0444689.jpgc0157030_044544.jpg

続いて、消火器の使い方を教えていただき、職員が実際に使って訓練を行いました。

実際の火事の現場で、

「初期消火をしました」

という話を聞いて、現場に行ってみると、消火器が転がっていたと言うことがあったそうです。

よく話を聞いてみると、消火器をそのまま投げ込んだと言うことでした。

使い方を知らなければ、備え付けられていても意味がありません。

今回の訓練で、幼稚園の職員は消火器を間違いなく使えるようになりました。

# by keiokd | 2009-06-15 23:43 | 今日の園児たち | Comments(0)

うれしいコメント

交流のある他業種の方から、嬉しいメールをいただきました

「私も二宮先生のブログは良く拝見させて頂いております。

先生のブログは楽しく、正直な気持ちで書かれている事が読む方にとっては好感が持てると思います。

きっとお子さんを預けられているお母さんやお父さん達も楽しく読まれているのではないでしょうか。

続けることは大変かもしれませんが、私も楽しみにしていますので頑張ってください。 」



また、在園児の保護者からも嬉しいメールをいただきました。

「子供がいつも楽しそうに園での話を家庭でしてくれまして安心しております。

日に日にできることが増え家庭でも驚かされる事が多く、園での保育の中で子供自身の意思を尊重し上手になりたい、がんばりたいといった気持ちをうまく引き出して頂いているなと感じる事が多い毎日です。

家庭においても子供が興味を持ったことに対して最大限子供目線で向き合い応援してあげようとしてはいるものの限界があり、やはり園長はじめ担任の先生方のご助力があってこそ今の我が子の成長があるのだと痛感しています。」


温かいメッセージとてもうれしかったです。

ありがとうございます。

言葉の力ってすごいなと思います。

プラスの言葉をかけられると、嬉しく、頑張ろうという気になります。

マイナスの言葉をかけられると、気分も沈み、悲しくなります。

言葉で救われることがたくさんあります。

私も、元気をあたえられるそんなメッセージを送りたいと思います。

子どもたちの可能性を信じて、来週も頑張ります!

# by keiokd | 2009-06-13 19:42 | 園長が感じたこと | Comments(0)

三宅氏訪問

c0157030_19292486.jpg


幼児たちが種をまいて一ヶ月が経ちました。

朝顔の芽も随分と大きくなってきました。

毎日、愛情を込めて水やりを続けてくれています。
c0157030_19293115.jpgc0157030_19294064.jpg

今日は、幼児活動研究会の三宅氏が幼稚園に訪れ、いろいろとアドバイスをいただきました。

年少児も、今月から「体操」「かけっこ」「書き取り」などの活動を取り入れているので、年少児を重点的に見ていただきました。

放課後には、保育の中で悩んでいること、また、他園での取り組みなどアドバイスをしていただきました。

来週からの保育の中で見直していきます。
c0157030_19295562.jpgc0157030_19304929.jpg
c0157030_19305697.jpgc0157030_1931465.jpg

砂場遊びでは、砂場横にあるバスを使った「ごっこ遊び」と「泥団子作り」が人気のようです。

通園バスのように

「おはようございます」

「いってまいります」

という先生役、子ども役、運転手役になりきっています。

その後ろで、ままごと遊びが展開されていたりもします。

泥団子作りは、上手に作れない幼児に

「こうやってしたらいいよ」

とアドバイスをしている姿も見られます。


教室でも「ごっこ遊び」が繰り広げられています。

粘土で品物を作ったり、色水でジュースを作ったり、自分たちでアイデアを出して「ケーキ屋さん」「だんご屋さん」などをしていました。

また、お金を作って、数字にも興味が広がっていました。

# by keiokd | 2009-06-12 19:28 | 今日の園児たち | Comments(0)

今日は天気だね

c0157030_19104939.jpgc0157030_19105979.jpg
c0157030_1911696.jpgc0157030_19111350.jpg

「今日は058.gifだね」

昨日、水のことを心配していた幼児が私を見かけると話しかけてきました。

予報によるとしばらくはお天気が続きそうです。

少しずつ気温も高くなってきているので、汗をたくさんかくようになってきています。

体操を終えたときには、汗でびっしょりということもあります。

水分補給に注意していきたいと思います。

c0157030_19103684.jpgc0157030_19104216.jpg


写真では、幼児たちの動きがうまく伝わらないのですが、ブリッジ歩きと、ブリッジ回転をしているところです。

「できるけん見て」

幼児たちはできるようになったことを見てほしくてしょうがないようです。

横峯吉文氏から

「何も言わなくても、自分からやってみせるようになったら本物」

という言葉を聞いたことがあります。

幼児たちの、素晴らしい才能は確実に本物に近づいています。

# by keiokd | 2009-06-11 19:09 | 今日の園児たち | Comments(0)

時の記念日

c0157030_15434672.jpg
今日は、「時の記念日」でした。

時間を大切にすること、時間を守ることを話しながら、腕時計を作っていました。

時計には針があることを確認しながら、好きな時刻をかきました。

針の時間もさまざまで、おやつの時間の「3時」が一番多いようでした。

「8時」を書いている幼児に、どうしてその時間なのかたずねてみると

「寝る時間だよ」

と教えてくれました。


c0157030_15442044.jpgc0157030_15442840.jpg

今日は、久しぶりの057.gifでした。

「雨が降らんとね、水がとまって大変なんよ」

幼児たちも水不足のことが気になっているようでした。

戸外で遊べなかったので、年少児が教室で新聞遊びをしていました。

「お父さんがいつも読んでるよ」

「おうちで見たことがあるよ」

と興味津々のようでした。

「広げたままの音はどうかな?」

とたずねると

「かぜの音みたい」

じゃあ丸めると・・・グチャグチャと大きな音。

ゆっくり破ったり、早く破ったりしながら、音の違いを楽しんでいました。

最後は大きな袋に新聞紙をつめて、大きなてるてる坊主ができあがりました。

c0157030_15451292.jpg

c0157030_15452026.jpg
c0157030_15452811.jpg


以前、イメージトレーニングの研究や指導をされている西田文郎先生の講演を聴講しました。

その時に、

「脳が快と感じて、ツイている、できるというプラス思考を持っていると必ず成功する」

とおっしゃっていました。


「失敗したらどうしよう」

「恥をかいたら・・・」

のようなマイナス思考がインプットされると、人間の脳は、精度の高いスーパーコンピューターなので、「どうぜできない」とブレーキをかけてしまうそうです。

ちなみに赤ちゃんが立って歩くまでには何百または何千回と転ぶそうですが、それでもあきらめずに立って歩くまで続けるのは、転ぶことを失敗だとは感じず、「歩けない」と思っていないからだそうです。

幼児たちが取り組んでいる「体操」を見ていても同じことを感じます。

幼児は、自分が「できない」とは思っていません。

「絶対にできる」

そう信じているからこそ、何度もあきらめずに続けて行けるのだと思います。

日頃の生活の中での考え方も、プラス思考でいきましょう。

# by keiokd | 2009-06-10 15:15 | 今日の園児たち | Comments(2)

コスモ体操指導

c0157030_1343046.jpgc0157030_1343730.jpg

今日は、コスモスポーツクラブの体操指導の日でした。

年少児も、「開脚柔軟」「あざらし」「ジャンプ」とすることを分かってきました。

それぞれ「10」数えながら、テンポ良く進めています。

体を動かしながら、発声するのは大変ですが、とても大きい声がでていました。

開脚柔軟では、まだ、完全にお腹や頭が床につく幼児は少ないですが、毎日続けることで、柔軟性がでてきます。

年中児、年長児を見ていると、続けていくことの大切さを感じます。

あせらずに、「がんばろう」「やってみよう」という意欲をもたせていきます。



年中児、年長児は今まで「文字」を中心に取り組んできました。

6月に入り「数字」も取り入れています」

新しいワークを見て

「何それ」

「早くやりたい」

と、早くしたくてしょうがないという感じでした。

数のワークは、「かぞえながらする」ということもあるためか、とても集中しています。

「読み書き」に加え「数、計算」も毎日、取り入れていきます。

# by keiokd | 2009-06-09 23:34 | 今日の園児たち | Comments(0)

もったいないばあさん

c0157030_1223739.jpg

「もったいないばあさんがくるよ!!」

給食の時間にある幼児が言いました。

「もったいないばあさん」という絵本を読んだことが、心に残っていたようで

「ごはんのこしたら、もったいないばあさんがくるよ」

「もったいない、もったいない」

と他の幼児も言い始めました。

気がつくと、クラス中で「もったいない」の大合唱になっていました。

給食の日は嫌いな物があると残そうとする幼児も多いのですが、友だち同士で、

「もったいないばあさんがくるよ」

と言い合うことで、今日はいつもより多く食べることができていたようです。

これからしばらくは、「もったいないばあさんがくるよ」を合い言葉に、食べ物の大切さを伝え着ていきたいと思います。



「体操」や「かけっこ」をしている幼児たちを見ていると、とても生き生きしています。

競争することが好きでなかった幼児も

「一番になりたい!」

「一緒に走りたい」

「リレーをしたい」

と意欲的になっています。

走るときの表情、走る姿も変わってきています。

慶応幼稚園のトラック1周が約90m。

私たちも、幼児たちも、このトラックの大きさが当たり前なのです。

一日、一日とたくましくなってきています。

# by keiokd | 2009-06-08 23:21 | 今日の園児たち | Comments(0)

JR体験乗車(さくら組・まつ組)

c0157030_301756.jpgc0157030_302414.jpg
c0157030_303116.jpgc0157030_30384.jpg

昨日に引き続き、今日は、さくら組とまつ組の幼児がJR体験乗車に行ってきました。

「いつもお仕事おつれれさまです」

代表の幼児が、駅長さんに花束のプレゼントをしました。

初めて切符を自分で買うことにドキドキしているようでしたが、駅員さんに優しく教えてもらって買うことができました。

車内では、窓の外を見ながら、

「ここ行ったことがある」

「おばあちゃんの家だ」

など友だちとの楽しい会話が弾んでいました。

# by keiokd | 2009-06-05 22:41 | 今日の園児たち | Comments(0)
line

愛媛県松山市にある慶応幼稚園の二宮一朗園長が子ども達のこと、幼児教育のこと、地域のこと、夢をもつことについて語ります


by keiokd
line
カレンダー