子どもたちへのメッセージ(No.1446)【あきらめず続ける】

あるところに
「100%雨を降らせる雨乞師」
がいたそうです
 
かんばつで苦しめられていたある村の長老は
この「雨乞師」に雨乞いを頼むことにしました
 
雨乞師は、雨乞いを始めました
 
しかし、雨は降りません
 
1週間たちましたが、まだ雨は降りません
 
それでも、雨乞師は雨乞いを続けます
 
2週間たちましたが、まだ雨は降りません
 
それでも、雨乞師は雨乞いを続けます
 
雨乞いを初めて、なんと4週間たったそのとき、
ついに雨が降り始めました
 
雨乞師は言いました
 
「ようやく、雨乞いが成功しました」
(サンマーク出版 ムダにならない勉強法より)
 
あきらめてしまうと
できるときはやってきません
 
続けていると
少しずつ進歩して
できるときがやってきます
 
できるまでは
途方もない時間がかかるかも
しれません
 
だけど歩みを止めず続けることが
大切なのです
 
あきらめずに
コツコツと続けていきましょう!
 
楽しいから笑顔になるのではなく
笑顔だから楽しくなります!

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

メルマガを発行しています!
 
登録をお願いいたします。 

こちらから
 
いつも読んでいただきありがとうございます☆
c0157030_12042464.jpg


by keiokd | 2017-04-04 07:50 | メッセージ | Comments(0)
line

愛媛県松山市にある慶応幼稚園の二宮一朗園長が子ども達のこと、幼児教育のこと、地域のこと、夢をもつことについて語ります


by keiokd
line
カレンダー