子どもたちへのメッセージ(No.1390)【鏡開き】

今日、1月11日は「鏡開き」です。
 
鏡開きとは、
お正月に神様や仏様に
お供えしていた「鏡もち」を下げて
いただく日です。
 
神様や仏様にお供えした鏡もちには
力があると考えられていて
一年間病気にかからないことを
祈りながらおもちをいただきます。
 
鏡もちは、
いつもみんなが食べている
おもちよりもとても大きいので
そのままでは食べることができません。
 
そこで、小さくする必要があります。
 
小さくするためには
「切る」という方法がありますが
縁起が良くないと言うことで
鏡もちは木槌で割っていました。
 
そこから、鏡開きのことを
「鏡割り」とも言われます。
 
鏡開きが終わると
お正月の行事も終わりです。
 
気持も新たに
今年もがんばりましょう!
 
楽しいから笑顔になるのではなく
笑顔だから楽しくなります!
 
今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!
 
メルマガを発行しています!

登録をお願いいたします。
 

こちらから
 
いつも読んでいただきありがとうございます☆

c0157030_9475660.jpg


by keiokd | 2017-01-11 07:50 | メッセージ | Comments(0)
line

愛媛県松山市にある慶応幼稚園の二宮一朗園長が子ども達のこと、幼児教育のこと、地域のこと、夢をもつことについて語ります


by keiokd
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30