書く(つくし)

先生のお話を聞くときにはお約束があります。

それは、「おへそを話している人の方に向ける」ということです。

おへそを話している人の方に向けることで、体も話す人の方を向くようになり、集中して聞けるようになります。
c0157030_17460833.jpg
c0157030_18015300.jpg
書きの時間には、力を入れて線を書けるように練習しています。

鉛筆を持って書くことは簡単に見えますが、

まだ鉛筆に慣れていない年少児にとっては力強く書くのは簡単ではありません。 
c0157030_17463870.jpg
横や縦に直線を書く練習をしていましたが、今日は曲線を書く練習をしました。 
c0157030_17465572.jpg
まず指でなぞり、書き順を確認してから、鉛筆で書くようにしています。 
c0157030_17471102.jpg
ワークを始めた頃はゆっくり書くことが難しく線をはみ出していましたが、

少しずつ集中力が高まり、丁寧に書くことができるようになっています。 
c0157030_17471979.jpg
また、座っているときに足を開いてしまう幼児がいるので、日々の保育の中で正しい姿勢をしっかりと身につけていきます。
c0157030_17473081.jpg
いつも読んでいただきありがとうございます☆


by keiokd | 2016-10-17 18:57 | 今日の園児たち | Comments(0)
line

愛媛県松山市にある慶応幼稚園の二宮一朗園長が子ども達のこと、幼児教育のこと、地域のこと、夢をもつことについて語ります


by keiokd
line
カレンダー