子どもたちへのメッセージ(No.1335)【声の大きさ】

人にはいろいろな力があります。
 
持っている力は
使えば伸びていき
使わなければ衰えていきます。
 
「声を出すこと」も同じです。
 
声を出す場面は 
あいさつをするとき
返事をするとき
歌を歌うときなど
一日の中でたくさんあります。
 
声を出すとき
意識して大きな声を出すようにしていると
いつか、それが当たり前になっていきます。
 
大きな声を出していると
口を大きく開けるようになり
表情筋も鍛えられます。
 
あいさつをするとき
返事をするとき
歌を歌うとき
大きな声を出すことを
意識してみよう!
 
『少しだけ 大きな声を 出してみる』
 
楽しいから笑顔になるのではなく
笑顔だから楽しくなります!
 
今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!
 
いつも読んでいただきありがとうございます☆
メルマガが変更となりました。

こちらから、再度登録をお願いいたします。
 

こちらから



幼児教育 ブログランキングへ
c0157030_1411194.jpg


by keiokd | 2016-10-14 07:50 | メッセージ | Comments(0)
line

愛媛県松山市にある慶応幼稚園の二宮一朗園長が子ども達のこと、幼児教育のこと、地域のこと、夢をもつことについて語ります


by keiokd
line
カレンダー