子どもたちへのメッセージ(No.1253)【喜ばせる】

「自分だけがよければいい」という考えで
自分が喜べても
喜んだときがピークで
時間の経過と共にその喜びは薄らいでいきます
 
そして、喜んだことも
いつしか忘れてしまいます
 
しかし、まわりの人を喜ばせようと
ワクワクした嬉しさは
いつまでも心の中何残ります
 
まわりの人を喜ばせるには
相手の予測を上回る行動をしてみることです
 
例えば
道ですれ違った人に笑顔で
「おはようございます」と
あいさつをしてみる
 
自分から進んでお手伝いをしてみる
などです
 
まわりの人が笑顔になるように
喜ばせてみましょう!
 
楽しいから笑顔になるのではなく
笑顔だから楽しくなります!
  
今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!
 
いつも読んでいただきありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージをメルマガで配信しています!

空メール登録は
こちら




c0157030_12484777.jpg


by keiokd | 2016-06-08 07:50 | メッセージ | Comments(0)
line

愛媛県松山市にある慶応幼稚園の二宮一朗園長が子ども達のこと、幼児教育のこと、地域のこと、夢をもつことについて語ります


by keiokd
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31