子どもたちへのメッセージ(No.1240)【誰かのために】

挑戦をしても
すぐにできることばかりでは
ありません
 
何度も何度も
繰り返し挑戦しても
なかなかできないこともあります
 
「できない」を繰り返していると
あきらめの気持ちが芽生えてきます
 
その時に、続けるかやめてしまうかの
分岐点になるのが「誰かのために」
という思いです
 
自分のためだけにがんばっていると
あきらめたところで
誰にも迷惑がかからないからいいかと
挑戦をやめてしまうことになります
 
しかし…
「誰かのために」という思いがあると
その人が喜んでくれる姿が思い浮かび
あきらめず続けることができるのです
 
夢や目標があるなら
それを達成するのは誰のためだろうと
考えてみましょう!
 
楽しいから笑顔になるのではなく
笑顔だから楽しくなります!
 
今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!
 
いつも読んでいただきありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージをメルマガで配信しています!

空メール登録は
こちら


c0157030_17392429.jpg


by keiokd | 2016-05-19 07:50 | メッセージ | Comments(0)
line

愛媛県松山市にある慶応幼稚園の二宮一朗園長が子ども達のこと、幼児教育のこと、地域のこと、夢をもつことについて語ります


by keiokd
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31